来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

県営住宅君石団地3号棟が完成しました!

 平成23年11月より建設を進めていました県営住宅君石団地3号棟が完成しました。
 この3号棟への入居募集は、平成25年8月26日から9月4日まで、長野県住宅供給公社松本事務所で行います。
 中の様子を、一足早く見てみましょう。住宅の案内は、建築工事の監督をしていたHさんにお願いします。


 Hさん、最初にこの県営住宅の概要をお聞かせください。

 君石団地3号棟は、鉄筋コンクリート3階建て、36戸です。3DKYの面積が71.16㎡、2DKYの面積が59.98㎡となっており、それぞれ18戸ずつあります。
 団地の他の棟とデザイン上、調和を取りつつ、コストを考慮した設計となっています。

 それでは、中を拝見させてください。

 住宅の出入口は、北側になりますので、こちらへお願いします。

 では、最初に3DKYの住戸から見てもらいましょう。

 玄関戸を開けると、

 広い玄関ですね。右側の棚はなんですか?

 これは、下足入れになります。

 玄関と室内の段差がないですね。

 はい、高齢者配慮住宅として設計していますので、住宅内の段差は、ほとんどありませんし、トイレや浴室には、手すりを設置しています。

 廊下も広いですね。

 はい、車イスでも通れるようにしてあります。また、室内のドアは基本的に引き戸を採用しています。

 玄関廻りの壁は、木製ですね。

 県産木材の普及を図るため、長野県産のカラマツを張っています。
 そのまま、中へ進んでください。

 玄関の両横には、洋室が2室ありますね。

1 2 3

このブログのトップへ