来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

7月は多文化共生推進月間です

7月に入り、本格的な夏がやってきました。

 

今年の夏はサッカーW杯も行われ、各国で盛り上がりを見せています。

日本国籍の方もそうでない方も、応援したいチームがそれぞれあるのではないでしょうか。

 

チームにそれぞれ個性があるように、各国にもそれぞれの文化があります。

 

7月は多文化共生月間です。

多文化共生ポスター

多文化共生月間では、国籍や文化の違いを尊重しあい、誰もが参加し、協同して、
多様性を活用した豊かな長野県を目指して、
その意識づくりのために県がさまざまなイベントを行います。

 

ところで、長野県に外国籍の方がどのくらい住んでいるかご存知ですか?

 

実は、2017年12月末の時点で32,937人≪法務省在留外国人統計より≫……

30,000人以上の方が長野県で暮らしているんです!

 

なかには、日本語が不自由な方もいます。

長野県ではそのような方でも等しく行政サービスを受けられるよう、
多文化共生くらしのサポーターという多言語の相談窓口を設置したり、
日本語以外の言語が堪能で、地域で外国籍の方の支援活動などをしている人に県知事が仕事を委嘱する、
地域共生コミュニケーター制度を取り入れたりするなど、
ほかにも多文化共生に向けた多くの取り組みをしています。

 

1 2 3 4

このブログのトップへ