来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

まつもと子どもたちの映画祭

 3月21日の春分の日に「まつもと子どもたちの映画祭」がまつもと市民芸術館で開催されました。

1

 この映画祭は、今年で6回目を迎え、春休みの恒例イベントとして定着してきました。

2

 ロビーでは関連グッズの販売やジャグリングをする大道芸人が、アルプちゃんやマイチャン達と一緒に、イベントを盛り上げていました。

3

 上映された映画は、世界中から集められた作品を、幼児向け、低学年向け、高学年向けの年齢に合わせた3つのプログラムが用意されていました。  内容は、ただ楽しいだけではなく、子ども自身が観て感じ取れる作品や、大人自身にも気づきや癒しを与える作品など、親子で共感できるものでした。映画の合間には、大道芸などサーカスパフォーマンス集団が登場して、観客を参加させたパントマイムなどを披露してくれました。(場内は撮影禁止のため写真はありません)
 低学年向けの映画を見たのですが、戦争や東日本大震災を背景とした作品もあり、非常に考えさせられる映画に、子ども以上に夢中になってしまいました。

 上映後はサーカスパフォーマンス集団が、長くした足でトンネルを作り、子どもたちをお見送りしてくれました。

4

 「まだ見に行ったことがない」という方は、是非来年ご覧になってください。

このブログのトップへ