来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > イベント > 松本蟻ケ崎高校書道部による書道パフォーマンス

松本蟻ケ崎高校書道部による書道パフォーマンス

こんにちは。

松本地域振興局総務管理課のKです。

今回は、松本市梓川公民館で開かれた松本蟻ケ崎高校書道部による

書道パフォーマンスをご紹介します。

蟻ケ崎高校書道部って結構有名ですよね。10年ほど前から活動しているそうです。

今日、パフォーマンスを披露してくれるのは、一年生12名の皆さんです。

見学者の中から。4組の方が大きな筆で書に挑みました。

ご家族で、1画ずつ書き1文字に仕上げたもの、紙一杯に堂々たる書を披露してくれた方もいらっしゃいました。

顧問の大澤先生のあいさつの中で、パフォーマンスを始めた経緯の説明がありました。

先輩の意志を受け継いで活動しているそうです。

いよいよパフォーマンスの始まりです。

3m×5mほどの大きな紙は、両端が長い棒で固定され、綺麗な絵がすでに描かれています。

部員たちが大きな声で挨拶をして、軽快な音楽に合わせてダンスと書道パフォーマンスが始まりました。

それぞれリズムを取りながら書いていきます。

全員が一列並ぶのではなく、ぶつからないよう時間差で書いていきます。

1 2

このブログのトップへ