来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 商・工・農・林 > 長野県児童・生徒木工工作コンクールと県産材製品の展示

長野県児童・生徒木工工作コンクールと県産材製品の展示

10月10日に長野県児童・生徒木工工作コンクールの審査会が行われ、入選作品が長野県松本合同庁舎のロビーに展示されています。(10月19日まで)

総参加人数5,401名から20点が入選されました。
力作揃いの作品を是非ご覧ください。

zenkei1

入賞作品

zenkei2

県産材製品の展示

tiji1

最優秀賞「プラモデル専用格納庫」

tiji2

最優秀賞「立派な水車」

tiji3

最優秀賞「森の中のツリーハウス」

tiji4

最優秀賞「小物入れ付ティッシュケース」

この他にも素敵な作品が展示してあります。

 また、県産材を使った住宅用の製品の展示もしております。

settyaku

上の写真の手前にあるのは、ヒノキとカラマツの接着重ね梁で、奥のパネルは床材等です。

接着重ね梁とは,間伐材を製材・乾燥して得られた心持ちや心去りの角材等をエレメントとし,これらを複数本接着接合して製造した建築材料です。

要するに、間伐材などの小径木でも断面の大きい梁材をつくることができます。

hinoki1

上の写真は、ヒノキの接着重ね梁ですが、どこが接着面かわかりますか?

 

 

1 2

このブログのトップへ