来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

松本合庁トレッキング部活動報告④

また、「富士見坂」という区間では富士山の姿を眺めることもできました。

頂上に近づくにつれて気温も下がってきました。

「ガラバ」と言われる沢に残る雪渓を横切ります。

まだ雪が残っていることに驚きつつも、右手に雪の壁、左手に崖というややスリリングな道も怯えながら歩きました。

もう少し…最後の急坂鉄砲坂を越えるといよいよ種池山荘に到着です。

種池山荘に着く頃には天気も回復していて、眼前に広がる雄大な山々の景色を楽しむことができました。

 

また、チングルマやコバイケイソウなどが美しく咲き乱れていて、目を奪われることになりました。

種池山荘で一休みして本命の爺ヶ岳頂上を目指します。

 

頂上付近だけあって歩きにくい…

美しい景色を見るために負けじと歩きます。

種池山荘から約1時間程度で爺ヶ岳南峰に到着です。標高2660Mです!!

さらに少し歩いて爺ヶ岳中峰にも行きました。

この頃には天気も良くなっており、大町市を一望することができました。

また、鹿島槍、立山、剱、針ノ木、蓮華などの山々もはっきりと見ることができました。

頂上で飲むコーヒーの味は格別でした。

 

1 2 3

このブログのトップへ