楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■四季彩だより~信濃の国から~ > Vol.49■読まなきゃチョーソン市町村 すずむしの里

Vol.49■読まなきゃチョーソン市町村 すずむしの里

いわさきちひろが愛した景色 すずむしの里 
【松川村】

北安曇郡松川村は、安曇野の北端に位置し、北アルプスを源流とする高瀬川などが流れる自然豊かな地域。「すずむしの里」としてご存知の方もいるかもしれませんね。
ちょっと気が早いかもしれませんが、秋の夜長に、どこからともなく「り〜んり〜ん」と聞こえる、涼やかな音色のハーモニー。
なぜ「すずむしの里」なの?それは「そこに鈴虫がいるから」ではないのです。


稲穂の向こうに松川村のシンボル有明山(安曇富士とも呼ばれる。)を望む


その昔(室町時代初めとも言われています)、舟方さまという、美しいお姫様が、京の都が戦となった時、有明山のふもとへ家来とともにこっそりと落ちのびてきました。そのとき、遠く離れた京の都を想い連れてきたペット、それが「鈴虫」だったのです。その時村人は、お屋敷から響く、聞いたこともない美しい音に聞き惚れたとか。
その後、舟方さまは京へ戻ることはなかったそうですが、舟方さまに愛された鈴虫の子孫が、今も松川村の西原地区(安曇野ちひろ美術館の西側辺り)に自生しているとか。このような言い伝えから、この地は「すずむしの里」と呼ばれるようになりました。

松川村についてはコチラ≫(パソコン用)
松川村観光協会のページからは鈴虫の鳴き声が聞けますよ♪≫(パソコン用)


松川村特産の「鈴虫」

そんな舟方さまの鈴虫の美しい音色を、全国に広めることはできないか?そんな想いから昭和60年、村の有志が集まり「村おこしこぶし会」を発足し、鈴虫をお届けする「すずむし小包便」がスタート。
今年も松川村特産の「秋の音色」をお届けしています。7月下旬から発送します。
申込み方法は、FAX 0261-62-9405又は電話0261-62-3109へ。

「すずむし小包便」についてはコチラ≫(パソコン用)

今回は、「すずむし小包便」を3名の方にプレゼント♪
プレゼント応募についてはコチラ≫(パソコン・携帯兼用)


松川村マスコットキャラクター 「リンリンちゃん&りん太くん」
松川村へ遊びにきてね。
1 2

このブログのトップへ