楽園信州

信州の旬情報をお届け!

<VOL.234>旬です!信州

<諏訪湖遊覧船が無料>
海の日の15日、諏訪湖では遊覧船の親子乗船体験会がありました。
海や船に接する機会を持ってほしいと新潟県の団体の主催で小学生以下の子供を無料招待しました。上田市、茅野市など小学生以下の子供6人を含む家族釣れ15人が乗り込みます。湖を渡る風は涼しく、デッキの上からの景色を眺めながら30分間の遊覧を楽しみました。1日で16便を運航しました。
(7月15日放送)

<モモ狩り>
果樹栽培が盛んな飯田下伊那地方では桃狩りが始まりました。
豊丘村の胡桃沢健さんの農園では日川白鳳、早生白鳳という品種が食べごろ。訪れた観光客は「興奮しますね」といいながら採れたてを味わっていました。
遅霜で収穫量は減りそうですが、その後の天候条件が良かったため、胡桃沢さんは大きく甘い桃になったと太鼓判。桃狩りのポイントは木の高いほど日が当たるため味がいいということです。桃狩りは品種をリレーしながら8月末まで楽しめます。
(7月18日放送)

<ヘブンスそのはらの花畑>
阿智村にあるスキー場、ヘブンスそのはらに10万株の花畑が登場しました。
ゲレンデや遊歩道沿いなど2万平方メートルに広がるのはベコニアやマリーゴールド、センニチコウなど10万株。リフトから見下ろすチョウになったような気分も味わえます。リフトの下には岐阜県の高校生が植えたベコニアとシロタエギクによる1万株の天の川も完成しました。夏の間は平均気温25度ということで、スキー場では涼しい高原で花畑を満喫してほしいとPRしています。
(7月19日放送)

このブログのトップへ