楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■就航地情報 > Vol150■“信州まつもと空港からの就航地”北海道情報15

Vol150■“信州まつもと空港からの就航地”北海道情報15

今回は、北海道に残る、日本の港湾土木史上とても貴重な建造物の話題です。

北海道のたからもの~北海道遺産~
稚泊航路の歴史を刻む最北端のモニュメント
「稚内港北防波堤ドーム」

北防波堤ドームは、北海道の最北部、稚内(わっかない)特有の強風と荒波から港を守るため、1936年(昭和11年)に、当時大学を卒業して間もない26歳の土谷 実の設計により建設されました。


周辺には緑地も整備され、市民の憩いの場としても親しまれています。


海上からの高さ14m、柱間6m、全長427m、70本の太い柱で半アーチ状の屋根を支え、柱間の桁もアーチ型に設計されたこの建造物は、古代ローマ遺跡を思わせる独特のフォルムが印象的な、港湾土木史において傑作と言える貴重な土木遺産です。

完成してから1945年(昭和20年)まで、当時、往来の盛んだった稚泊(ちはく)航路(※)と稚内港の発展とともに歩み、旧樺太航路時代の記憶を残す歴史遺産のシンボルともいえます。
※稚泊航路…北海道の稚内と樺太の大泊を結んでいた航路

現在は、防波堤としての使命はもちろん、JR稚内駅から程近い立地と、風雨をしのげる好条件から、地域のイベントやコンサート会場として、また、コマーシャルのロケ地や市民文化交流の場としても活用されるなど、多くの人が集うスポットとして愛されています。

詳しくはこちら
 北海道遺産HP(パソコン用)

☆北海道の最新情報をお届けするメールマガジン「Do・Ryoku」の登録はこちらから!(パソコン用)

☆道内各地の「旬」な話題をお届け!道職員ブログ「超!!旬ほっかいどう」はこちら!(パソコン用携帯用

【お問合せ先】
北海道総合政策部知事室広報広聴課
TEL 011-204-5111

☆信州まつもと空港からフジドリームエアラインズ(FDA)のジェット機で北海道へ行ってみませんか。
信州まつもと空港についてはこちら(パソコン用)

このブログのトップへ