是より木曽路 遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 味・食文化 > そば料理!開田高原新そば交流会

そば料理!開田高原新そば交流会

今年も新そばの季節がやってきました。

木曽町の開田高原は、古くからそばの栽培が盛んな地域です。

そば畑は、標高1,100m~1,300mに位置し、冷涼な朝霧や夕霧に包まれ、良質のそば粉が採れるため、信州の数あるそば産地の中でも「開田ブランド」ととして知られています。

そんな開田高原では、冠婚葬祭時には必ず蕎麦が振舞われます!!
開田高原の文化として、蕎麦はしっかりと根付いています。

「そば王国」の開田高原で、新そばを使った料理を食べながら親睦を深める「新そば交流会」が開催されました。

皆さんはそばを使った料理と聞いて、どんな料理を想像しましたか??

まず出てきたのは「そば豆腐」

ごま豆腐の様な食感で、普通の豆腐より滑らかです。ほんのりとそばの風味がします。

写真の右端にチラッと写っているのは、「そばの実なめこ」
そばの実となめこを和えた料理でおいしいです。

お次は、ゆでた蕎麦を使った「そば寿司」

お米の代わりに蕎麦を使った巻き寿司です。
そばは米と同じ炭水化物ですので、違和感はありません。
そばの風味豊かなお寿司です。

つづいて、いただいたのが「うきふ」


熱湯にそば粉を混ぜて、つみれ状にした団子をゆでて作ります。
適度なモッチリ感とそばの風味が独特!!
そば王国信州の中でも、なかなか珍しい一品です。

1 2

このブログのトップへ