い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 小さな 小さな トンボ ~ハッチョウトンボ~

小さな 小さな トンボ ~ハッチョウトンボ~

 皆さんこんにちは。上伊那地方事務所の鯉太郎です。
 今回は、「ハッチョウトンボ」をご紹介します。ハッチョウトンボの大きさは一円玉ぐらい。ものすごく小さなトンボです。
 

 


 駒ヶ根市の南割公園にハッチョウトンボが生息していることを知り、早速、訪れてみました。
 南割公園は、中央自動車道の駒ヶ根サービスエリア近く、アルプス球場の横にあります。

 池の周りには、四阿や遊歩道が整備されています。池にはメダカが泳いでいました。

 公園の一角には、ハッチョウトンボの説明板が設置されています。

 駒ヶ根市の昆虫にも指定されているハッチョウトンボ。地元の皆様により結成された「ハッチョウトンボを育む会」が中心となり、希少動植物の保護活動が熱心に行われています。

 ハッチョウトンボが生息する場所は、池ではなく、水が浅く張った日当たりのよい場所です。下の写真では、ちょうど遊歩道の左側のあたりになります。(山麓部からしみ出た水によってできた湿地帯です)

 デジカメでハッチョウトンボの撮影を試みましたが、被写体が小さすぎるせいか、オートフォーカスが上手く機能しません。

 やむなく、携帯電話のカメラでパチリ。ようやく接写(約10㎝)に成功しました!

1 2

このブログのトップへ