い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

道路河川愛護活動

 伊那建設事務所のYです。採用1年目の私ですが、当所のブログ掲載のトップバッターに抜擢(?)されましたので、上伊那の魅力をお伝えします。

 上伊那には、天竜川を始めとする美しい河川や2つのアルプスを展望できる素晴らしい景色があります。私からは個別のスポットではなく、道路や河川の美化活動・愛護活動に取り組む皆さんを紹介します。
 上伊那には、こうした活動に取り組む団体が170ちかくあり、それぞれが草刈り作業や四季折々の花々の植栽などに熱心に取り組んでいます。その内の2団体に平成24年度の知事表彰として感謝状が贈呈されました。2つの団体の活動の様子を紹介します。

 伊那市のアクセス通りを美しくしよう会(会長:小松宏さん、会員100人)は、平成15年3月に当所管内で初の道路アダプト協定(県の道路及び河川ボランティアに対する支援システム)を結び、伊那市の玄関ともいえる県道伊那インター線の美化活動を行っています。活動範囲は1.7kmにわたり会員の皆さんが、ゴミ拾い、草刈り作業、チューリップやマリーゴールドなどの植栽に取り組んでいます。

 小松会長:「市の玄関口でもあり、訪れた県外の人々にも感動を与えられるように活動を始めた。さらに美しい御園(みその:区名)にしていきたい」

 
 伊那市の笠原区河川環境推進委員会(委員長:梅垣義男さん、会員115人)は一級河川土王田川(つちおうたがわ)の草刈り、ゴミ拾い、土砂さらい。アレチウリ等の外来雑草の駆除に取り組んでいます。昭和40年に設立以来、現在に至るまでの47年間の長きにわたり河川愛護活動を継続されています。近年は地域の小学生と協力してホタル生息の環境調査を継続して実施するなど地域の環境保全活動にも積極的に取り組んでいます。

 梅垣委員長:「高齢化で作業は大変だが、ホタルが舞い、子どもたちが喜んで遊べる環境を維持したい」

 こうした団体に参加する多くの皆さんの熱心な取り組みにより、上伊那の美しい景観が守られています。いつまでも美しい上伊那を子どもたちに残していきたいものですね。

 県道伊那インター線

 土王田川

このブログのトップへ