じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 商工観光課 > カフェ「リトルマチルダ」その1上田市海野町商店街39

カフェ「リトルマチルダ」その1上田市海野町商店街39

こんにちは。

商工観光課のKです。

海野町商店街に昨年(平成28年)4月1日にオープンしたカフェ、リトルマチルダを本日は、ご紹介します。

CIMG8823

CIMG8822

リトルマチルダ…小さいマチルダ(女の子の名前)という意味だと思っていたら、マチルダには、「かばん・荷物」…という意味もあるそうなんです。

「『手荷物を持ってこの店に来て、日常から離れた空間で美味しいものを食べ、元気になってもらいたい。そしてまた元気に出かけて欲しい。』そんな願いをもってつけられた名前なんです。」とリトルマチルダの水井さん。

このお店は、千曲市にある寿高原食品(株)の直営店でもあります。寿高原食品(株)の関連会社(有)寿興産が運営しています。

本日は、カフェ リトルマチルダのカフェ企画・運営担当の水井さんにお話をお伺いしました。

水井さん、お忙しいところありがとうございました。

CIMG8798

水井さんのセンスあふれるおしゃれなカフェ、リトルマチルダは、ゆっくりとした落ち着いた雰囲気のある空間です。水井さんの思いがあふれている空間でもあります。

ちなみに水井さんは、東京生まれの東京育ち。そして、建築士の資格もお持ちということです。

都会的な雰囲気の漂うこのお店は、水井さんの設計によって生まれたということです。

お店に飾ってある小物等も水井さんの厳選品です。

コンセプトは、「旅」。

店内には、「旅」をテーマとしたものがたくさんあってとても素敵です。

たとえば…。

CIMG8761

写真中央のランプシェイドとドアに書かれている文字に注目ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

このブログのトップへ