じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

治山のいろは

上田地域振興局 森暮らしのねってぃです!!

ついに梅雨明け!これから恐ろしい台風シーズンだね
7月初めの記録的な豪雨。
今まで以上に、治山事業の必要性をアピールし、防災意識の発信と向上に熱が入るね!

 

今回も上田市小平六の現場にお邪魔するよ!

治山マン

前回は、「治山ダム」の完成まで紹介したね。

治山の色は4

https://blog.nagano-ken.jp/josho/rimmu/33765.html

 

 

今回は、治山ダムの下流側に接続して設置する「流路工」と、渓畔林に存在している流木などの除去・整理を行う「渓畔林整備」の二つの工事を紹介します!

 

流路工の目的とは?

「流路を固定して乱流を防止するとともに縦断勾配を規制して、縦横浸食を防止を図ること。」

難しい……

この現場で例えると…

鉄線枠を用いて、水の通り道を作ることで、水がスムーズに流れるんだ。
「縦断勾配を規制」というのは、流路の勾配(傾き)を規則的(一定)にすること。
勾配が急な箇所や緩い箇所があることで、水が勢いよく川底や側面にぶつかり侵食が起きてしまうんだ。
そのため、鉄線枠で流路の側底面を固めることで、侵食を防げるんだ。

DSCN1734

鉄のかごの中に、石を入れてガチガチに固めるよ!!

1 2 3

このブログのトップへ