じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 総務管理課 > (MISSION番外編 前編)東御市新張~群馬県嬬恋村の100体観音を調べてみました。

(MISSION番外編 前編)東御市新張~群馬県嬬恋村の100体観音を調べてみました。

皆さんこんにちは!

総務管理課のBWです。

6月14日にアップされた「湯の丸高原のつつじ祭りは6月8日~7月1日まで開催!!」
の取材の際、子供から

『湯の丸高原に行くまでの道端にいくつもの観音様があったけど、何体あって誰が何のために
建てたの?』との問いに、

BW:『100体あるのは知ってるけど、誰が何のために建てたのかは分からないぞ!
インターネットで簡単に調べられるけど、 実際に行って自分の目で確かめてみるか!!』

家族全員:『マジか!』

ということで、MISSIONアルクママからの指令!上小地域の「涼」を攻略せよ! の番外編?
として、海の日に、東御市新張~群馬県嬬恋村旧鹿沢温泉へドライブしました。

前日、上田市の最高気温は37.5℃で人間の体温以上の気温となり、うだるような暑さでした。
今日も暑くなりそうです。

午前11時ごろ、東御市新張の百体観音石造町石に到着。

DSC_0251.cleaned
(すべての画像はクリックすると拡大します。)

百体観音石造町石は東御市指定文化財(嬬恋村では丁石百体観音として嬬恋村指定文化財)で、
看板を読むと、

「祢津の新張(みはり)から旧鹿沢温泉(山の湯)まで約三里(12㎞)の間、人家のない山間の険し
い湯道を、観音像を拝みながら、その功徳に導かれ、安全に温泉に至ることを願い、湯治に通う人々の
道しるべとして建てたもの。」 以降省略

なるほど!当時の湯治客が、温泉への道中の無事を願い、湯治の効用を期待する心を込め建てられた
石造なんですね!

1 2

このブログのトップへ