じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

水と巡る旅日記「夏休み水の勉強会」

農地整備課の水ト巡です。

本日は8月1日に行われた「夏休み水の勉強会」についてレポートします。

この勉強会は、農業施設などの管理を行なっている上田市の豊殿地区水土里会(ほうでんちくみどりかい)の皆さまが、自分たちの住む地域の水道や田んぼの水がどこからくるのか知ってもらうため、豊殿小学校の4年生を対象に毎年行っているもので、今年は10名の児童とおよそ20名の保護者が参加しました。

勉強会では、菅平ダムや発電所、神川から取り入れる農業用水の頭首工(取入口)を見学   普段は見ることのできないダムの内部や操作室を見たり、頭首工のゲート操作をしてみたりして、菅平ダムと神川の水利用について学びました。

こうした勉強会で、水とそしてそれを安定して供給する施設の大切さを知っていただけることはとてもうれしいことです。豊殿地区水土里会の皆様ありがとうございましたm(._.)m

それでは、楽しい勉強会の様子を動画でお楽しみください。

 

このブログのトップへ