じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

県民向け手話講座参加者大募集!!

こんにちは。上田保健福祉事務所のもずおです。

皆さん、手話と触れ合ったことはありますか?

長野県では、平成28年3月に施行された長野県手話言語条例に基づき、県民の皆様が身近で手話や聴覚障がいについて触れ学ぶことのできる「県民向け手話講座(入門編・おさらい編)」を保健福祉事務所ごとに4回開催しています。

詳細は上田保健福祉事務所ホームページをご確認ください。
上田保健福祉事務所ホームページ→https://www.pref.nagano.lg.jp/uedaho/fukushi/2018syuwakouzakaisai.html

 

上小圏域では直近の日程で8月17日土曜日に朝10時から上田市ふれあい福祉センターにて開催します!
が、現在申込者0人の状況です…。

今日は皆様に手話の魅力を紹介します!

もずおは、上田市の手話奉仕員養成講座に今年から通っていますが、手話を学び始めてこんなに表現の豊かな言語があるのだと感動しました。

手話は1つの単語を使って動作の強弱や表情を変化させ、いろいろな状況を的確に視覚的に表せます。例えば嬉しいと楽しい同じ手話を使いますが、表情や動作のふり幅で感情の違いやどれだけ自分の感情が昂っているのかを表します。

また、単語は視覚的な特徴をつかんだものも多く、普段何気なく言葉で発している単語がこんな風に表現されるんだ、というおもしろさもあります。ちなみに宝塚という単語はラインダンスを表現した手話です。

最近では、手話を取り入れたダンスをされる方も増えてきていますね!
某アイドルの某健くんが披露した手話を取り入れたパフォーマンスは、歌詞を手話に訳してダンスにしていました。健くんは「君のただ素直な笑顔が」という歌詞を「君の素直な笑顔が眩しくて見られない」という訳し方をしていたのです。かわいいですね。

手話は自分の解釈を通して価値観を表現するのに有効な手段であるとともに、相手の価値観を知ることにも有効な手段です。言葉ではなかなか表すことが難しいことも手話でならば表せることもあるのではないでしょうか?

さらに表現するおもしろさだけではなく、ガラス越しに会話ができるようになる、大声を出さずに少し離れた場所の人と会話ができる、耳が遠くなった時の会話ツールに使えるなど生活がちょっと便利に、豊かになる一面もあります!

今回、もずおからみた手話の魅力を書きましたが、他にも手話の魅力はたくさんあります。

皆様もぜひ探してみて下さい。手話のおもしろさを一つでも見つけることができたら、きっとあなたも手話にはまっていくと思います!
きっかけにはぜひ県民向け手話講座をご活用ください!

手話そのものだけではなく、手話で会話するというおもしろさもありますよ(^O^)

最後にクイズを出します。
デデン。これは何を表現している手話でしょうか?

正解は8月17日の手話講座にて!お待ちしています!

このブログのトップへ