じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > まちづくり > 水と巡る旅日記「えっ!! 棚田でキャンプ(・・?」前編

水と巡る旅日記「えっ!! 棚田でキャンプ(・・?」前編

秋晴れのぽかぽか陽気が気持ちいい11月3日、水ト巡&水ノ恵@農地整備課は、棚田百選の一つ”稲倉の棚田“で行われた「棚田CAMP」におじゃましました。

「えっ!!棚田でキャンプするの?」と驚かれた方もいるでしょう。そうなんです棚田でキャンプしちゃうんです。ほらね。稲刈りの終わった棚田にカラフルなテントがたっくさん並んでいるでしょ!

ということで水と巡る旅日記では、この「棚田CAMP」の様子を2回に分けてお届けします。今回は水ノ恵がこの企画を中心になって進めてこられた棚田フューチャーズの玉崎さんにうかがったお話を交えながら「棚田CAMP」をご紹介します。

さてさて、このユニークな企画、昨年の春にお試し開催したところ、とてもよいリアクションがあったため、昨秋から稲倉の棚田で行われるレギュラーイベントの仲間入りをしました。この日は18張のテントが張られていましたが、予約サイトPeatixへのアクセスは、今春開催の際の1200に対し2000と、興味を持つ方が確実に増えているそうです。

また、今年小谷村で行われた棚田サミットでこの企画を紹介したところ、愛知県の四谷千枚田でも是非行いたいということで、11月3日同日開催しているとのことです。

棚田はとても美しいだけでなく、災害を防ぐなど色々な役割を持っています。そして、その役割は営農があってはじめて発揮されるものです。こうした棚田を楽しんでいただく活動、そしてそれらのネットワークが広がっていくことが棚田の保全活動に繋がっていけばとても素晴らしいと思います。

この楽しいイベントについてもっと知りたい方は、こちらもご覧ください。⇓

棚田フューチャーズFacebook     棚田CAMPのホームページ

さて、次回は水ト巡くんがキャンプの様子をレポートします。お楽しみに!!

このブログのトップへ