じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > まちづくり > 東御市 丸山晩霞記念館の企画展「どうぶつ尽」開催中 2021.2.28(日)まで

東御市 丸山晩霞記念館の企画展「どうぶつ尽」開催中 2021.2.28(日)まで

こんにちは。総務管理課のオーの一族です。

2月は猫好きにとって特別な日があります。

にゃんにゃんにゃんで2月22日は猫の日!

この日はテレビで猫の特集番組とかありますよね。先日立ち寄った書店では猫のコーナーが設けられていました。

以前に「猫!ねこ!ネコ!」と題して東御市にある丸山晩霞記念館の企画展「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」を紹介しましたが、今回は「どうぶつ尽」展が開催中です。

どうぶつ尽 – 長野県東御市 丸山晩霞記念館 (maruyamabanka.com)

猫写真家・沖 昌之 氏の「○○すぎるネコ」と彫刻家・大森 暁生 氏の「Moonlight Parallel world」が展示されています。

今回も会場風景の撮影OK、拡散もOKとのことで

紹介させていただきますね。

展示室には、猫のさまざまな表情や行動を捉えた写真がいっぱい。

作品タイトルはなく、自由に考えてくださいとのことでこれがまた楽しませてくれます。

なかには猫というよりも人間?といった作品までありますので

ゆっくりとお楽しみください。

大森 暁生 氏の動物などの彫刻は鏡やガラスを用いた幻想的なものや迫力のある作品です。

こちらもぜひご覧になってください。

また、特設ミュージアムショップでは沖 昌之 氏の写真集や大森 暁生 氏の作品のほか猫グッズなどが販売されています。

ホールでは、写真コンテストの入賞作品や

上田市で活動しているNPO法人「一匹でも犬・ねこを救う会」の啓発展示もあります。

東御市では、地域猫活動の支援で令和3年1月から野良猫の不妊去勢手術の補助が開始されるとのこと。

これから繁殖時期を迎えますが、外で暮らす猫の生活はとても過酷です。

生まれた子猫も命の危険があります。

これ以上増えないようぜひ皆様のご協力をお願いします。

そして、こちらの作品「すなのネコ」

東御市をはじめ県内各地に「アマビエ」の砂像を制作し話題となった彫刻家・堀田 光彦 氏(東御市)によるサンドアートです。

上田合同庁舎にアマビエ像登場! | じょうしょう気流 (nagano-ken.jp)

さらに、丸山晩霞記念館の外ガラスにはこちらが!

東御市立東部中学校美術部の生徒さんが制作した作品です。

いろんな動物が可愛らしく賑やかに描かれていますね。

会場入り口では、検温に手指の消毒

また、来館者カードへの記入など、新型コロナ感染拡大防止の対策をとっています。

「どうぶつ尽」展の開催期間は今月末の2月28日(日)までです。

文化活動や経済活動そして医療を維持していくためにも、ぜひ皆さま、新型コロナ対策に万全を期してこの機会にご来場ください。

 

このブログのトップへ