じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 歴史 > 上田市鹿教湯温泉近く すべらない!?天神様

上田市鹿教湯温泉近く すべらない!?天神様

こんにちは。総務管理課のアルクママです。

 

受験シーズンですね。
(とは言っても、大学の共通テストや県立高校の前期試験は終わってしまいましたが。)

今回は、アルクママが勝手に「すべらない天神様」と呼んでいる神社を紹介します。

場所は、鹿教湯温泉の入り口、国道254号線のセブンイレブン鹿教湯温泉店の向かいあたりです。

正式名称は「湯里天神社」と言います。

 

アルクママが、何故「すべらない」と言っているかというと、2019年東日本台風の際に斜面が崩落して土砂崩れが起こったのに、神社だけは奇跡的にすべり落ちずに残ったのです。

当時は、倒木が神社を避けるように左右に流れていたそうです。

 

1年後の倒木も撤去された2020年11月の写真がこちら。

そして、2021年2月には、崩落した斜面もきれいに復旧工事がされています。

まだ工事が行われていて神社までは近寄れないのですが、家族に受験生がいる方、国道254号線を通る時は、「すべりませんように!」とお願いしてみたらいかがでしょうか?(わき見運転はしないでね。)

 

【アルクママ家の受験エピソード】

子供の受験本番数か月前、とある教科のとある分野が全くできていないことが判明。

しかし、もう学校も塾は総復習モードでその分野の授業はとっくに終わっている・・・。

仕方がないので、「KATEKYO学院」ならぬ「OKAKYO学院」を開講しました。(つまり「家庭教師」はなく「お母さん教師」)

暗記科目だったので、重要用語を中心に覚え込ませたら、なんと本番は全部できたそうな。よかった、よかった。

このブログのトップへ