じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

信濃国分寺 蘇民将来符、ここにあり

こんにちは。

上田地域振興局総務管理課Kです。

お元気ですか。

 

先日、アマビエ様を紹介したところ、「蘇民将来符(そみんしょうらいふ)の厄除けの力を忘れているのではないか」とのご指摘があり、あ、そうでしたそうでした。

 

今までも、このじょうしょう気流で何度もご紹介してきましたが、上田市国分にある「八日堂 信濃国分寺」では、お守りとして「蘇民将来」という護符を頒与してくださいます。

「蘇民将来符」と呼ばれていることが多いですね。

上田市信濃国分寺の「八日堂大縁日」に行ってきました!

この蘇民将来符は、厄除けと招福を祈るためのもの。

普通のお札と違い、お寺に返すことはありません。

だから、お家に増えていきます。例えば、我が家…。

家人が蘇民将来軍団と呼んでます。こらっ、罰が当たるよ。

 

上田合同庁舎内にも、置かれています。

ところで、今更ですが、何故この蘇民将来符がありがたいのか、アマビエ様の時のようにかいつまんでお話します。

 

むかしむかし、インドの神様の「牛頭天王(ごずてんのう)」が旅に出ました。

途中、お金持ちの小丹長者に一晩泊めてもらいたいと頼みました。しかし意地悪な「小丹長者(こたんちょうじゃ)」は断りました。

少し離れた家で、再び頼みました。そこには、たいへん貧しい「蘇民将来(そみんしょうらい)」が暮らしていました。蘇民将来は、「私は身分も低く貧しく差し上げる食事もありません。」と言いましたが、それでも良いと牛頭天王は言い、一晩泊めてもらいました。

翌朝、牛頭天王は、「小丹長者を罰する」と言いました。

蘇民将来は、「小丹長者の嫁は、私の娘。娘は助けてほしい。」と頼みました。

そこで、牛頭天王は、「蘇民将来の子孫ですと書いた柳の木の札をかけておきなさい。」と言いました。

牛頭天王は、それを目印にして、蘇民将来の子孫たちを除き、小丹長者の一族を滅ぼしました。

その後、蘇民将来の一族の者たちは、病気は治り、とても幸せになったそうです。

とてもとても、おおざっぱにまとめましたが、蘇民将来符が何故厄除けになるのか、おわかりいただけたと思います。

(実は、私も久しぶりにこのお話に触れました。)

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

読み下し文も、口語訳も載っています。参考にさせてもらいました。

 

 

上田市デジタルアーカイブポータルサイト【蘇民将来符】

https://museum.umic.jp/somin/index.html

このブログのトップへ