北アルプスCOOL便 北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > 北アルプス地域の自然・景観・名所 > 「大北地区森林祭」を大町市 鷹狩山で開催しました

「大北地区森林祭」を大町市 鷹狩山で開催しました

こんにちは。北アルプス地域振興局林務課のよっし~です。

 

令和2年10月28日に、大町市鷹狩山 山頂の市有地で「令和2年度 大北地区森林祭」(主催:長野県北アルプス地域振興局、大町市、大北地域緑化推進協議会)を開催しました。

例年は、春に約300名で実施していますが、今年は、新型コロナウイルスの影響から秋に延期し、参加者を県と市町村、林業関係者の約50名に絞り、感染症対策としてマスクの着用や検温等のコロナ対策を行う中で植樹を行いました。

(大北地区森林祭は、森林の公益的な機能や緑の環境づくりへの理解を深めるために大北地区の市町村を巡回して毎年開催しています。)


山麓まで降りてきた紅葉と北アルプスの冠雪が綺麗に見えました。

 

植樹会場は、「恋人の聖地」のモニュメントがあり、後立山連峰(北アルプス)の展望が素晴らしい場所で、多くの市民と観光客が訪れる憩いの場所となっています。

こうしたことから、今後も素晴らしい展望を残すため高木の伐採や藪の刈り払いを行い、生育しても低木に留まり展望の支障とならないヤマツツジ300本を約500m2の区画に植樹しました。

 

来春、残雪の北アルプスや新緑と共にピンク色のヤマツツジの彩りも鷹狩山を訪れた皆さんに楽しんでいただきたいと思います。

 

 

このブログのトップへ