北アルプスCOOL便 北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > 大町・北安曇の自然・景観・名所 > 【長野県からでも海が見える】戸土集落の紹介

【長野県からでも海が見える】戸土集落の紹介

姫川砂防事務所のYYです。

長野県の北西の端にある小谷村の職場に勤務しています。

1

 

 

 

 

 

 

新潟県との県境にある小谷村戸土の集落は、現在、住んでいる人はいません。

昔は、分校もあり、人々が住んでいました。

↑写真は、戸土分校の跡地にある碑です。

↓そして、そのすぐ上の「境の宮諏訪神社」から眺めた日本海方面の眺めはこんな感じです。

23私が戸土を訪ねたときは、ガスがかかっていたので、くっきりとは海が見えませんでした。

日本海まで直線距離で約15km足らずの場所にありますので、十分に日本海が見えるわけです。

分校跡地の海寄りには、このような感じで木々が立ち並んでいますが、
木立の隙間から日本海が見えたのだと思います。

4

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、当時は木々も小さくて、木の上から広々と見えたのかもしれません。

1 2 3

このブログのトップへ