北アルプスCOOL便 北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > しあわせ信州移動知事室(北アルプス地域)~パワーランチ(【拡大版】地域戦略会議)~

しあわせ信州移動知事室(北アルプス地域)~パワーランチ(【拡大版】地域戦略会議)~

令和2年1月15日(水)から16日(木)までの2日間の日程で「しあわせ信州移動知事室」(北アルプス地域)が開催されました。


 

松川村「すずむし荘」で、北アルプス地域の5市町村長と知事等が一堂に会し、地域の課題や取組について意見交換を行いました。

 

会議では、人口や産業、観光における地域の特性や「しあわせ信州創造プラン2.0北アルプス地域計画」に基づく県の取組を説明した後、各市町村の重点政策や課題、県との連携について意見交換を行いました。

 

市町村長の皆さんからは、移住定住の推進による人口減少対策や各市町村共通の課題に取り組む北アルプス連携自立圏や広域型DMO(観光地経営組織)に指定されたHAKUBAVALLEY TOURISM(白馬バレーツーリズム)による広域的な施策の推進、大規模災害に備えた防災力の向上など、幅広い分野に係る意見が出され、地域の現状や課題、今後の取組の方向性についてお話がありました。知事からは、各課題解決に向けた市町村との議論の必要性等について話がありました。

 

また、会議の終わりに、県内で初めて「気候非常事態宣言」を出した白馬村長から、宣言するに至った経緯や宣言に込めた思いについてご説明をいただきました。
これを受け、知事からは「昨今の雪不足も気候変動の影響。気候変動に対する問題意識を多くの県民の皆さんと共有して、長野県から確実な取組を進めていきたい。市町村長の皆さんにも協力をお願いしたい。」とのコメントがありました。

このブログのトップへ