北アルプスCOOL便 北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > 北アルプス地域のイベント > 大町地域における地熱資源の有効活用についての第4回学習会を開催

大町地域における地熱資源の有効活用についての第4回学習会を開催

環境課自然エネルギー担当です。

平成27年3月19日(木)の午後、約50名の参加をいただき、「大町地域地熱発電理解促進事業」第4回学習会が開催されました。

第4回学習会

講師は、我が国の地熱発電の第一人者の地熱情報研究所事務局長 野田徹郎様にお願しました。

テーマは、「地熱発電の最新事情について」で、地熱発電などの再生可能エネルギーの普及の必要性に始まり、地熱利用を取り巻く国内の動きを豊富なご経験と知識を基に、解説していただきました。また、持続可能な社会づくりのためには、地熱、太陽光、風力など地域合った電源を選択して組み合わせることが重要であり、事業を成功させるためには、事業者だけでなく地域の関係者を巻き込んで計画を作ることが重要とのお話がありました。

 

また、大町地域地熱発電理解促進事業について様々な角度からアドバイスを頂いている、一般財団法人 エンジニアリング協会地熱プロジェクト推進室室長 奥村忠彦様からは、自身が携わっている全国各地の地熱開発に関するお話をお聞きしました。

 

今回の学習会は本年度の最後の学習会であるため、大町地域地熱発電理解促進コンソーシアムの幹事法人である大町市温泉開発株式会社山本部長から26年度事業成果とこの成果を27年度の事業に繋げていきたいとの報告がありました。

この報告の中では、「初めは事業について良く分かりませんでしたが、学習会や見学会を通じて、当地域でバイナリー発電を行い、余熱利用により特産品を生産することにより、地域の活性化に繋げることができると確信しました。」との力強い参加者の感想の発表もありました。

この学習会は、経済産業省の補助事業である「地熱開発理解促進関連事業支援補助金」を活用し、大町地域における地熱発電等に対する理解を深めるための学習会を開催してきたものです。

平成26年度の成果をもとに、平成27年度においても、引き続き、事業を行うことを計画していますので、ご期待ください。

 

お問い合わせは、下記へお願します。

大町地域地熱発電理解促進コンソーシアム※(事務局:大町市温泉開発株式会社)

担当 :総務部長 山本 慎介 電話 : 0261-22-1616、 FAX : 0261-22-8022、

E-mail:onsenkyo@taupe.plala.or.jp

 

※「大町地域地熱発電理解促進コンソーシアム」の概要

代 表:小日向 忠 氏 (大町市温泉開発株式会社 代表取締役)

構成員:大町市温泉開発株式会社、葛温泉株式会社、大町市、長野県北安曇地方事務所

目 的:「大町地域地熱発電理解促進事業」を行うことにより、大町地域における地熱発電等に対する理解を深める。

このブログのトップへ