南信州お散歩日和 南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:高木村のいちご】

南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:高木村のいちご】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 魅力満載のローカル線!飯田線(6)梅の香りとウグイスの声「鶯巣」駅

魅力満載のローカル線!飯田線(6)梅の香りとウグイスの声「鶯巣」駅

地域政策課のHKです。

飯田線シリーズ、今回は「鶯巣(うぐす)」駅を紹介します!

ugusu1

ugusu2

ugusurosenzu

(鶯巣駅基本データ)
  • 無人駅
  • ホーム 1面1線
  • 場所 長野県下伊那郡天龍村平岡字鶯巣
  • 標高 303m
  • 開業 昭和11年
  • 一日平均乗車人員 3人(平成23年度)
”うぐす”の地名の由来は、春になると梅の香りに誘われたウグイスが、美しい鳴き声を聞かせることから付いたとか。

鶯巣駅から天竜川の方へ5分ほど歩いて下っていくと、「うぐす梅園」があります。

ここは、竜峡小梅の木が立ち並んでおり、例年2月下旬から3月上旬に梅花の見頃を迎えます。

詳しくは、天龍村のホームページをご覧ください。

それでは、駅を紹介しましょう!

ここは、鶯巣集落の北端にあります。集落内の道路を上って突き当たりといった感じ。

ただ、近くまで行かないと、駅がここにあるとは気付かないのでは・・

ugusu3

もう少し近づいてみると・・

ugusu4

左側が駅の入口で、右側が踏切です。駅の目の前に踏切があります。

下の写真は、踏切から飯田方面に向かって撮影しました。

ugusu5

見てわかるように、この駅のホームはカーブしています。

それでは、ホームの北側から豊橋方面を見てみると・・

ugusu6

やっぱりカーブしています。

ホームには待合所があって、戸が付いてます。

ugusu7

中はこんな感じ。

ugusu8

ホームから谷側を撮影しました。天竜川は近くを流れているのですが、見えませんね。

ugusu9

駅の下の道路から見上げて撮影しました。山側は草木が生い茂っています。

駅の待合所が見えます。

ugusu10

さて、ホームの北端(飯田方面)に行くと、左側に道が。

なに?と思って、道を下ってみると・・

ugusu11

神社がありました!「鶯巣神社」です。

ugusu12

駅のホームに直結の神社なんて珍しい!と思いつつ、せっかくなのでお参りしました。

この坂を上ると、いきなり駅のホームに出ます。

ugusu13

さて、時間を見ると、次の電車までかなり時間が・・

ということで、15分ほど歩いて下って行き、天竜川の川辺まで行ってみました。

ugusu14

ugusu15

これまでの駅の取材では天竜川を見下ろしていたので、近くで見る天竜川も迫力があっていいですね。

さて、駅に戻ってしばらく待つと・・下り電車がやってきました。

ugusu16

この電車に乗って、次の平岡駅に行きたいと思います。

今回はこれまで。それでは、次回をお楽しみに!

ugusu17

飯田線シリーズ前回は、こちら

 

(乗車人員:資料 東海旅客鉄道(株)総合企画本部)

LINEで送る

このブログのトップへ