南信州お散歩日和 広い長野県の南端に位置する飯田・下伊那地域は「南信州」とも呼ばれています。 やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:喬木村のクリン草】

南信州お散歩日和

広い長野県の南端に位置する飯田・下伊那地域は「南信州」とも呼ばれています。 やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:喬木村のクリン草】

春の天龍峡を散策してきました

こんにちは、南信州観光地域づくり協力隊員のGZです。

春の麗らかな陽気に誘われて飯田市を代表する観光地の一つ“名勝 天龍峡”を散策してきました。

天龍峡は、度重なる大洪水や氾濫により“暴れ天竜”の異名を持つ天竜川の浸食により形作られた渓谷で、岸壁にはヤマツツジやモミジが自生していて、四季を通じて色々な表情が楽しめます。近くには“若がえりの湯”として有名な「天龍峡温泉」もあります。

IMG_0508  IMG_0507
丁度、天龍峡花まつりが開催されていて、多くの観光客の方で賑わっていました。

IMG_0545

 【復活した100年前の帆掛け船】

また、この日はJR飯田線秘境駅号の運行日で、天竜峡駅に停車中でした。

IMG_0495  IMG_0548

【左側が秘境駅号】

 JR天竜峡駅の近くに「天龍峡観光案内所(天龍峡百年再生館)」があり、“縁結びの泉”が祀られています。御利益があるといいですね。

IMG_0506

「天龍峡観光案内所(天龍峡百年再生館)」を後にして吊り橋(つつじ橋)に向かう途中、“天龍峡桜開花予想基準木”を見つけました。今年は1週間から10日ほど開花が遅れたようですが既に満開でした。

IMG_0520 IMG_0519

  天龍峡一帯には要所に案内板が設置されているので、迷うことなく目的地に行くことができます。

IMG_0557  IMG_0538

また、目的地(つつじ橋)までには幾つかの公園を通るルートがあり、公園内にはいろいろな歌碑や句碑、記念碑が建立されています。

IMG_0521  IMG_0522

【放鳥の碑:昭和44年に現在の天皇皇后両陛下が来峡された際の記念碑】


IMG_0523

    【今回のルート上にある第3公園】

第3公園を抜けると狭隘な下り坂が続き、暫くすると眼前に高さ約70mの龍角峯(りゅうかくほう)が見えてきます。

IMG_0528

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【展望台から見た龍角峯】

更に歩を進めると、木立の間につつじ橋(今回の目的地)が姿を現します。

IMG_0536

 

 

 

 

 

 

 

【木立の間から見える“つつじ橋”】

ここまで来れば、あと少し
今回の目的地“つつじ橋”に到着です。(少し揺れるので、チョットした覚悟が必要です(笑))

つつじ橋のたもとには“名勝 天龍峡の名水 昇龍泉”や“幸せの鐘”があります。

IMG_0530 IMG_0535

【今回の目的地“つつじ橋”】   【幸せの鐘:鐘の音を響かせて幸せを願ってください

 IMG_0533 IMG_0532 【名勝 天龍峡の名水 昇龍泉】

 天龍峡には今回ご紹介したルートのほか、龍江地区から入り龍角峯を巡るコース、天龍峡「十勝」を巡るコースなどいろいろな楽しみ方ができますし、天龍峡ご案内人の方に1時間半から2時間ほどかけて天龍峡の魅力を案内していただくこともできます。

IMG_0552

        【天龍峡ご案内人のみなさん】

 また、天龍峡周辺はウォーキングコースやサイクリングコースなどいろいろなコースが整備されています。

天龍峡温泉のホームページには、“天龍峡お散歩マップ”や“天龍峡のんびり散策マップ”、“天龍峡ウォーキング&サイクリングコース”等のマップも紹介されています。

ウォーキングやサイクリングで汗をかいた後は、天龍峡温泉に浸かって疲れを取って、地元の食事で舌鼓。

みなさんもぜひ一度「名勝 天龍峡」を訪れてみてはいかがでしょうか。

次回は、今年の4月8日にリニューアルオープンした“天龍峡温泉交流館ご湯っくり”一帯を訪ねてみたいと思います。

 

天龍峡の遊歩道マップ等 天龍峡の詳細情報はコチラ  http://page.tenryukyou.com/?eid=1234362

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE