南信州お散歩日和 南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の林業 > 治山(ちさん)工事のご紹介

治山(ちさん)工事のご紹介

はじめまして、林務課のKです。

今年は雨が多い年でしたね。

さて、先月、私が担当した治山ダムが完成したのでご紹介します。

「治山ダム」ってどんなもの?と思われる方にも、ぜひ最後までお読みいただければと思います。

 

工事現場は、平成25年の台風で土石流が発生した阿智村浪合地内です。

写真1:工事前の状況その1

工事前の状況その1

 

写真2:工事前の状況その2

工事前の状況その2

土石流が運んできた土砂や流木がたくさん溜まっています。

このままですと、再び豪雨が降った場合に流れ出す可能性があり危険です。

そのため、土砂を安定させることを目的に、治山ダムを作ります。

 

3w転流状況

廻排水(かいはいすい)

工事の間も川は流れ続けているので、流れを変えるために別の流路を掘ります。

 

4w掘削状況

床掘(とこぼり)

重機を使って治山ダムをつくる場所を掘っていきます。

 

5w土砂面整形

掘削面整形(くっさくめんせいけい)

治山ダムとくっつく部分をきれいにします。

 

6w型枠

型枠組立(かたわくくみたて)

コンクリートを流し込む型を組みます。

 

7wコンクリート打設状況

コンクリート打設(こんくりーとだせつ)

型枠の中にコンクリートをそっと流し込みます。

 

8

間詰工(まづめこう)

治山ダム本体と斜面の間に空間ができてしまうので、石を詰めたカゴ(鉄線枠)を使って元の斜面に近いかたちにします。

 

9w丸太筋工、伏工

間詰工その2

治山ダム本体の左右もまわりの斜面とうまくつなげます。

この現場では丸太筋工と草の種が入ったシートを張って植生の回復を早めます。

 

10w完成写真

完成

治山ダムが上流の不安定土砂を固定しているので、豪雨が降っても土石流化しにくくなりました。

 

(おまけ)

10w危険木除去前 11w危険木除去後

危険木除去(左除去前、右除去後)

現場には流木や立ち枯れた木がたくさんあり、今後の土石流で流れ出す危険があったので治山ダムの工事に併せて、その除去も行いました。

 

この現場の工事は地元の方のご協力のおかげでスムーズに進みました。この場を借りてお礼申し上げます。

 

 

治山の仕事は、ダムをつくる以外にもいろいろあります。

長野県の治山事業をもっと知りたい方は『信州の治山(長野県ホームページ)』も見てみていただければと思います!

 

それでは、最後まで見ていただきありがとうございました。

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ