南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 魅力満載のローカル線!飯田線(34)電車が泊まる段丘に立つ駅「伊那大島」

魅力満載のローカル線!飯田線(34)電車が泊まる段丘に立つ駅「伊那大島」

地域政策課のHKです。

飯田線シリーズ、今回は「伊那大島(いなおおしま)駅」を紹介します!

 

いよいよこのシリーズも、南信州最北の松川町に入ってきました!

 

oo36 oo0-1 ooshimarosenzu

 

(伊那大島駅基本データ)

  • 業務委託駅
  • ホーム 2面2線
  • 場所 長野県下伊那郡松川町元大島
  • 標高 519m
  • 開業 大正11年
  • 一日平均乗車人員 466人(平成23年度)

 

伊那大島駅は、松川町の中心部にあり、勾配のきつい段丘地帯の中腹にあります。

松川町はもちろん、東の大鹿村の玄関口ともなっています。

また、北の上伊那郡中川村の住民も多く利用しています。

中川村にも「伊那田島駅」がありますが、国道153号から離れており、伊那大島駅の方がアクセスが良いことが理由としてあります。

一日平均乗車人員が、南信州では飯田、伊那上郷、鼎に次いで、第4位となっています。

飯田市の玄関口である飯田駅は別格として、伊那上郷と鼎は近くに高校があります。

近くに高校を持たない伊那大島駅が、これらの駅に次いで乗車人員が多いことからも、近隣町村を含め地元住民の利用が多いことがわかります。

 

それでは、伊那大島駅を紹介しましょう!

1 2 3 4 5 6 7

このブログのトップへ