信州魅力発掘人

信州に魅せられ、活動する人たちの言葉には「信州の魅力」が凝縮されています。信州の魅力を掘り下げ、それを語る「信州魅力発掘人」。山の強さ、美しさ、厳しさ、素晴らしさを知る人たちが「山の魅力」を伝えます。

長野県魅力発信ブログ > 信州魅力発掘人 > 横手山頂ヒュッテ 高相重信さん > 雲の上のパン屋×ヒュッテオーナー×山 vol.1

雲の上のパン屋×ヒュッテオーナー×山 vol.1

日本で一番高いところにあるパン屋さんを知っていますか?
志賀高原・横手山の「横手山頂ヒュッテ」にある「日本一高いところの雲の上のパン屋さん」。数多くのメディアで紹介されているので、ご存知の方も多いかもしれません。
横手山は標高2,307メートル。その山頂から10分ほど歩いたところにある同ヒュッテ。
「なぜこんな場所でパン屋さんを始めたのか知りたい」と思って尋ねると、迎えてくれたのは同ヒュッテの二代目・高相重信さんでした。

納得いくものができるまで、10年かかった

- パンのいい香りがしますね。

普段は朝、9時半ごろから販売してます。今は、息子と嫁さんが作っていて、お客さんが多いときは、午前中も焼いています。

- どうしてここでパン屋さんを?

うちの女房が神戸出身なんです。もともと、我々のような山をやる連中はパンじゃなくて米。2杯も3杯もご飯を食べて、山を歩いて。山へ行っても、飯盒でご飯を炊いたり、インスタントラーメンを作ったりするでしょう?だから、パンというと間食みたいなものでした。

- 主食というより、おやつという感じですね。

でも、お客さんはパンを持ってきていました。コッペパンとかフランスパンとか日持ちするものなんですが、それを見ていたらパンもいいな…と。でも、毎日下から歩荷してくるわけにもいかないし、山小屋で餅つきはやるから、パンを焼くのも悪くはないかって始めたんですが、これが結構大変でした。思ったようなパンになるまでは10年かかりました。

- 10年も…!

始めたのは昭和40年代。最初は普通のガスオーブンで焼いていましたが、熱の回りがうまくいかなくて乾パンみたいになったり、発酵させるのも思い通りにならなかったり。

- 標高が高いと、勝手が違うんですね…。

それでいろいろ工夫しました。写真を撮っていたので現像機を持っていたんですが、それをいつも温めておかなきゃいけない。そこから思いついて、中に水を入れて蒸気を出せば、ちょうどいいんじゃないかって。それを小さいオーブンで焼くようにしたら、徐々にパンらしくなってきました。

- パン作りを教わることはなかったんですか?

どこかに修業に行ったわけではないですからね。ただ、うちに来るお客さんで、「パンを焼くなら教えてやるよ」と言ってくれる人や、餅つき機を改良してミキサーみたいに使えるようにしてくれる人がいて、助かりました。山には、いろいろな技術や情報を持っている人が集まってくるので。

- あ、言われてみれば確かに、いろいろな人が来ますよね。

ここに来れば、どんな人だって話をしてくれる。これが町中だったら…誰も返事してくれません(笑)。ここだと、いきなり話してもお互い、五分五分でしゃべれる気がする。それは、山小屋の特権ですね。

- じゃあ、自分で調べたり、お客さんに話を聞いたりしながら。

日本の窯もいろいろ試しましたが、空気と気圧の関係かやっぱりうまくいかなくて。でも、ヨーロッパだと、3000~4000メートルの標高でも、パンを焼いているんです。そういう道具が欲しくて、お客さんにも聞いていたら、大学の先生が「一度でいいからヨーロッパへ行ってこい!」と。

- それで、ヨーロッパに?

英語もしゃべれないのに、どうやって行くのって感じでしたが、先生が「ちゃんと行けるようにしてやる」って、手紙を10通も20通も書いてくれました。飛行機に乗るときにはこれを出せ、降りたらこれを出せ、そうしたら空港で日の丸持っている人がいるからそこへ行けって(笑)。

- ヨーロッパはどのあたりに?

スイス、フランス、イタリア、あとドイツにも行きました。窯を見て…まあ、残り90%はスキーでしたけど(笑)。それから帰ってきて、結局、平成になってからかな、ドイツから窯を取り寄せました。


自分で撮った写真を絵葉書にして売り出したり、切手シートを作ったりと、パン以外にもさまざまなことに取り組んできた高相さん。「山小屋は自給自足。いろいろな知恵を働かせないと」と笑います。そんな高相さんが山に携わるようになったのは…?次回に続きます。

PROFILE
1940年、山ノ内町・沓野生まれ。横手山頂ヒュッテの二代目。1981年に「日本一高いところの雲の上のパン屋さん」として手作りパンの販売を本格的に始めた。志賀高原の観光振興のためにも尽力。1959年に発足した志賀高原観光協会の救助部救助隊に長年所属し、7代目の隊長を務めた。

LINEで送る

このブログのトップへ