い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 林業遺産”進徳の森”の今を知ろう!(その1)

林業遺産”進徳の森”の今を知ろう!(その1)

上伊那地域振興局林務課のKです。

この5月29日に林業遺産に認定された「進徳の森((しんとくのもり)と
中村弥六(なかむらやろく)の関連資料群」。

1
 

 

 

 

 

 

 
「進徳の森」は植栽されてから100年を数えるというとても貴重な森です。

しかし、ここ20年来、詳細な調査が行われていません。

そこで、林業遺産認定を契機に、改めて現在の状況を把握して記録し、
多くのみなさんとその情報を共有する目的で、6月18日に調査を開始
しましたので、その様子をお知らせします。

【「進徳の森」の調査編】

午前中、「進徳の森」の調査に集まったのは、
伊那市役所から耕地林務課、高遠町総合支所、そして教育委員会。

県から、「しあわせ信州創造プラン2.0 美しく豊かな
木と森の文化の再生・創造プロジェクト」事務局、
林業総合センター指導部、地域振興局林務課。

そしてなんと、地元の高遠小学校の6年東組、西組のみなさんも合流。

高遠小学校の6年生は、「進徳の森」を一度も訪れたことがない
という児童もいるということで、今日はみんなで見学に来たとのこと。

申し合わせたわけでもないのに、どこか通じ合うものがあったのでしょうか。

 

さて、20年前に進徳の森を調査した林業総合センターの
林業専門技術員の指揮のもと調査開始。

まずは、森の中の樹木の1本1本の位置をGPSで押さえ、
樹木の種類を確認しつつ、直径(樹の太さ)と樹高(樹の高さ)を図る作業です。

2
調査漏れや重複がないように、斜面の上側から樹の1本1本に番号を振ります

3
 

 

 

 

 
樹の太さは、斜面の上側の地面から高さ1.3mのところで外周を測ります

4
 

 

 

 

 

超音波で樹の高さを測る機器を活用しています

今日のところは「進徳の森」の外周を測定して終了。今後も調査は続きます…

 

 【高遠小学校6年生との交流編】

高遠小学校の6年生のみなさんのおかげで、地味な調査のはずが
一転して賑やかな森に。

森の中に響き渡る子どもたちの声はとても心地よく、
我々調査隊の士気も上がります。

一番大きなヒマラヤスギは一周するのに4人がかり!

一番大きなヒマラヤスギは一周するのに4人がかり!



 

 

 

 

 

 

6
 

 

 

 

 

 

樹の高さを測る作業も手伝ってくれました

樹の高さを測る作業も手伝ってくれました



 

 

 

 

 

 

8
 

 

 

 

 

9
 

 

 

 

 

 

急斜面をものともせず飛んでまわっていた児童たち。
自分が子どものころと同じ匂いを感じて、さわやかな気持ちに。

児童の一人からぽつり。
「今日は休まなくってよかったなー。こんないいところに来られて」

同感だよー。出がけに激しく雨が降っていたからといって
調査を見合わせなくてよかったな。みんなと出会えて…

せっかくの出会いなので、これからも進徳の森を通じて交流を
深められればいいなと考えています。

 

 【「母の森」、「伊澤学林」視察編】

伊那市高遠町には、「進徳の森」ばかりではなく、学校林に指定されている
「母の森」、「伊澤学林」といった歴史的な背景を持ち、現在に受け継がれている
貴重な森があります。

午後は、県の指導林業士であり、学校林の整備などの指導者としても活躍
されている稲辺謙次郎さんも合流して、「母の森」、「伊澤学林」の視察を行い、
今後の調査の方向性を話し合いました。

「母の森」はアカマツ主体の森でした

「母の森」はアカマツ主体の森でした



 

 

 

 

 

 

「伊澤学林」には立派なカラマツの姿が…

「伊澤学林」には立派なカラマツの姿が…



 

 

 

 

 

 

今後、「母の森」、「伊澤学林」についても調査を進め、
森の現在の状況や成り立ちについて明らかにしたいと考えています。

ところで「母の森」、「伊澤学林」って何?
気になりますよね。

もったいぶってすみませんが、続きは次回に。

高遠藩出身の中村弥六氏(1854~1929)の紹介や「進徳の森」の巨木の様子などはコチラをどうぞ。
【信州「森に通う道」シリーズ】祝!林業遺産認定~「進徳の森」の巨木を訪ねて~(伊那市高遠町)

http://blog.nagano-ken.jp/mori/other/8417.html

LINEで送る

このブログのトップへ