北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > 【北アルプス国際芸術祭 作品・アーティスト紹介編】学問の殿堂で見る、逆さ『アルプス』

【北アルプス国際芸術祭 作品・アーティスト紹介編】学問の殿堂で見る、逆さ『アルプス』

 

北アルプス地域振興局のKです。北アルプス国際芸術祭が開幕して1月。多くの方に楽しんでいただいています。

 

今回は、杉原信幸さんの作品「アルプスの湖舟」(http://shinano-omachi.jp/artwork/lake-boat-in-alps/)を紹介します

 

まずは、作品展示の場所の紹介です。

image7 image6
 

毎年夏に開催され、今年で101回目を数える「信濃木崎夏期大学」(http://www.kizakikakidai.sakura.ne.jp/)が開催される講堂が展示場所です。
木崎湖を見下ろす木立の中、優雅に・気品高く、静かにたたずむ歴史ある建物です。中に入ると、広い畳敷きの部屋の最奥部には、多くの著名な方々が講義に立った教壇と講義に使用された机とが置かれていて、100年の「とき」を語りかけてくるようです。

 

講堂内の作品です。

image1
北アルプス国際芸術祭公式ホームページでは、

「杉原は信濃大町にある木崎湖の湖畔で暮らす作家。木崎湖畔のお米と蚊帳を用いて、山間の湖面に映る倒立したアルプスを造形した作品を制作する。
雪の産着のような白、細波の光輝くさまを、ひと粒ひと粒のお米で表現する。土地の生命と生活しながら、日々の営みがアルプスの雄大な自然を表現することにつながっているという、作家の創造の源を感じさせる。」
と紹介されています。

 

スタッフの方の説明では、蚊帳を膠(にかわ)で固めて「倒立したアルプス」を制作し、そこに雪を表す米つぶを投げつけて、北アルプスに雪(米つぶ)を降らせたとのこと、また作品は、季節ごとの北アルプスを表していて、作品の部分によって、米つぶ(雪)の付き方が違うそうです。米つぶの様子をじっくりと、ご覧になってください。

米つぶがびっしりと付いた、冬の部分の作品に近づくと、米ぬかのにおいがしてきます。どこか懐かしく、温かみのあるにおいです。

image2
 

また、作品の一部分には、古代(?)の石や鹿の骨が置いてあります。探してみましょう。

image3
 

なぜ作品名に「湖舟」とあるのでしょうか。梁と梁とを渡した「倒立したアルプス」が、まさに舟型をしていることから、付けられたそうです。スタッフの方のお話しでは、芸術祭開幕時には、たるみが少なくもっと直線的だったそうですが、徐々に舟型が深くなってきたとのことです。湿気と重力のなせるわざでしょうか・・・

 

作品は、さらに・・・・

image4 image5
廊下に出てみましょう。「信濃木崎夏期大学」の際に使われる机や椅子がアートへと変わっています。

 

とても楽しめた時間でした。皆さんも、木崎湖畔に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

*****北アルプス国際芸術祭 開催中!*****

“食とアートの回廊”大町へ遊びに来ませんか?

会期:2017年6月4日(日)~7月30日(日)

詳細は北アルプス国際芸術祭ホームページをご覧ください。

http://shinano-omachi.jp/

LINEで送る

このブログのトップへ