諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

ルバーブジャム作りに挑戦しました!

こんにちは、諏訪農業農村支援センターです。
ルバーブは熱で溶けるためジャムにしやすいということで、以前ご紹介した富士見町の真っ赤なルバーブを使ってジャム作りに挑戦しました。

今回は真っ赤なルバーブと通常のルバーブの両方をそれぞれジャムにしました。

①ルバーブを洗い、2~3cmの長さに切ります。

②ルバーブの重さを量り、その40%の重さの砂糖を量ります。その時期のルバーブの酸味の強さや味の好みに合わせて砂糖の量を調節できます。

③両方を鍋に入れ、焦げ防止のために水を少量入れてから火にかけます。
 あとは、焦げないよう混ぜながら煮詰めるのみ!

火にかけて10分ほどで、崩れてジャムの形になりました。

あっという間にほろほろと崩れていき驚きました。
普段料理をしない私でも簡単に作れました!

完成したジャムを瓶に詰めると、元のルバーブの色が残っているためはっきり分かれていて綺麗ですね。
どちらもルバーブのほどよい酸味が美味しくて、ヨーグルトやクラッカーなどによく合います!ケーキやタルト、プリンなど色々なスイーツにも使えそうです。

小さいお子さんでも簡単に挑戦できるので、ぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか?

【ルバーブの紹介】
「富士見町の真っ赤なルバーブ」
https://blog.nagano-ken.jp/suwa/foods/13422.html

1 2

このブログのトップへ