南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > その他 > よこね田んぼ「新酒の会」~よこねのお酒できました~

よこね田んぼ「新酒の会」~よこねのお酒できました~

こんにちは。農地整備課です。

今年は例年よりも桜の花を長く楽しめますが、お花見には
日本酒が欠かせませんね!

そんな訳で4月13日(土)に新酒の販売に先駆けて行われた
よこね田んぼ「新酒の会」に参加してきました。
会場は飯田市千代にある「農業寄食舎 ごんべい邑(むら)」。
新しいよこねのお酒を田舎料理と一緒に味わう集いです。

 

よこねのお酒は、日本の棚田百選に選ばれているよこね田んぼで収穫された
お米のみを原料として醸造。

お酒造りは昨年からの取り組みで、今年で2年目となります。
昨年の新酒試飲会の詳細はこちら→(https://blog.nagano-ken.jp/shimoina/other/22677.html

昨年は29年産の長野県オリジナル米「風さやか」を100%使用したお酒
でしたが、今年は初めて酒米「たかね錦」を30%使用し、醸造されました。

 

新酒の名前は「Y-704」。「Y」はYOKONE(よこね)のY、「704」は酒米「たかね錦」を栽培している田んぼの標高から名付けられました。
ラベルは上から見た棚田を表現したデザイン。名前もラベルも今までの日本酒とは違ったイメージで、興味を持っていただけるように工夫されています。

「Y-704」を醸造したのは棚田の保全活動に企業オーナーとして参加している「喜久水酒造㈱」さん。この日は杜氏さんも参加され、お酒の特徴を解説してくださいました。

曰く「味に特徴を出すため、発酵をゆっくり行い酸味が強く濃い味わいに仕上げて
います。生酒なので、熟成により甘味がましていきます。」とのこと。

この後、地元食材を使った料理とともに、新酒を味わいました。参加者の皆さん
からは「口当たりがよく飲みやすい。」「白ワインのような味わいで美味しい。」
「昨年の新酒より味がよくなった。」などの感想が聞かれました。

 

美味しいお料理に美味しいお酒を満喫しながら、夜は更けてゆくのでした。

1 2

このブログのトップへ