南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

えごのねこあし。

林務課です。

突然ですが、これ、ご存知ですか?

s-IMG_3708 - コピー

この木は、エゴノキという広葉樹ですが、なにやらバナナのようなものがくっついています。
じつは、これは実でも花でもありません。

ひとつとって、割ってみました。

s-IMG_3711 - コピー

画質が悪くて申し訳ないですが、白や茶色の何かがたくさん入っています。

 

このバナナのようなものはある生物がエゴノキに寄生してできた異常組織で、一般に「虫えい」といわれるものです。
「虫こぶ」とか英語のまま「ゴール(gall)」とも呼ぶこともあります。
原因の生物はダニや菌類など様々で、形成される虫こぶの形も多様です。

s-IMG_3712 - コピー

葉っぱのポツポツも虫こぶでしょうか。よくわかりません。

今回ご紹介した虫こぶは、その形から「エゴノネコアシ」と呼ばれています。
爪が出ているネコの足に見えなくもないですが、わたしにはバナナとしか思えません。

ちなみに中に入っていた白い何かは「エゴノネコアシアブラムシ」でした。
写真は7月に撮ったものですが、今頃は房の先端が開いて、羽化脱出していることかと思います。

名前はかわいいけどちょっと気持ち悪いですね笑

 

エゴノキの本当の実はこちら。

s-IMG_3715 - コピー

実は虫こぶに比べると地味ですが、春から夏にかけて、たくさんの白い花が下向きに咲き、なかなかきれいな樹木なのです。

 

 

1 2

このブログのトップへ