南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 飯田合庁だより > しあわせ信州移動知事室(南信州地域)          ~喬木村ICT活用教育(喬木第二小学校)の視察~

しあわせ信州移動知事室(南信州地域)          ~喬木村ICT活用教育(喬木第二小学校)の視察~

10月24日から25日まで「しあわせ信州移動知事室(南信州地域)」が開催されています。

24日の午後は喬木第二小学校を訪問。県内でも先進的なICT活用教育に取り組む喬木村の事例について見学しました。

児童数の少ない喬木第二小学校では、大きな集団の中で多様な意見を出し合う機会が少なくなりがち。
そこで、同小学校では、光回線によるテレビ会議システムを活用して喬木第一小学校との「遠隔合同授業」を行っています。

この日は「掃除名人になる条件」を考える授業が行われていました。

テレビやタブレットを使って自分たちの意見をはっきり言う児童の姿に、知事からは「感心した」と発言がありました。

中でも、知事が注目したのは、テレビの下に掲示されていた「喬木ドリルをやって見つけた、もっとかしこく、もっと夢がかなう自分になる5つの方法」!

そこには次のように書かれていました。

喬木ドリルをやって見つけた、もっとかしこく、もっと夢がかなう自分になる5つの方法
1.ハテナ(?)は、すぐ聞く。
2.気がついたら、すぐ言う。
3.分かったふりをしない。
4.「間違えた」と分かったら、素直に変える。
5.何度でも質問する。

知事からは、「大人になってもこの5つを守っていくと、素敵な人生になると思う。」と発言がありました。

最後に知事から、「喬木第一小学校と喬木第二小学校は小学校の距離が離れているが、中学校ではみんな一緒になる。助け合って、協力して、楽しい学校生活にしていってほしい。」との発言があり、今回の視察は終了となりました。

小規模な小中学校が多い南信州。今後、ICTを活用して「遠隔合同授業」を行ったり、他市町村の学校と交流する体制が整っていけば、児童生徒の教育にきっとプラスになると思います。

移動知事室の日程等はこちら↓をご覧ください。

南信州地域振興局のホームページ

https://www.pref.nagano.lg.jp/minamichi/minamichi-somu/idochiji/minamiidochiji.html

このブログのトップへ