ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

長野県消防ポンプ操法・ラッパ吹奏大会が開催されました

地域政策課のTSです。

■長野消防協会から3チームが出場

 7月27日の日曜日、大町運動公園において、第56回長野県消防ポンプ操法大会、第23回消防ラッパ吹奏大会が開催されました。
 TSが幹事を務める長野消防協会からは、地区大会を勝ち抜いた信濃町(ポンプ車)、小川村(小型ポンプ)、長野市(ラッパ)が、それぞれ出場しました。
 信濃町は長野協会では、ポンプ車の常勝チームで、県大会でも優勝経験を持っています。小川村は27年ぶりの県大会出場です。長野市は、県大会で過去5位以内に何度も入っています。

20140727080753(1)2

大会に臨む長野消防協会の消防団

 各チームは、春から通勤前の早朝や夜遅くに、ハードな練習を重ね、当日を迎えました。

■気合いの入る競技が開始!

 9時頃から始まった競技は、3時間弱にも及びました。途中、若干の雨が降り、前日の真夏日に比べると少し過ごしやすい気温となりましたが、防災服を身にまとい、地域の期待を背負った選手の人たちには、プレッシャーのかかる大きな大会です。
 競技開始のトップのチームは円陣を組んで気合いを入れていました。さながら高校野球のプレイボールのようです。それぞれが、この日のために頑張ってきた成果を発揮します。

20140727092254(2)2

信濃町消防団のポンプ車操法

20140727092254(1)2

小川村消防団の小型ポンプ操法

 ■長野市は3強に迫る4位に!

 結果は、ラッパの長野市が第4位に入り、ポンプ車の信濃町の2番員が個人賞の受賞となりました。
 ポンプ操法大会の優勝は、昨年度に引き続きポンプ車は富士見町、小型ポンプは上田市でした。
 また、ラッパ吹奏大会の優勝は、やはり強豪の辰野町でした。長野市のラッパは、辰野町、須坂市、上田市の3強に迫る勢いでしたが、もう少しのところで3強を破ることはできませんでした。昨年度から1つ順位を上げた長野市ですので、来年度に期待です。

1 2

このブログのトップへ