来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 安全・安心 > 不法投棄対策に関する会議を開催しました

不法投棄対策に関する会議を開催しました

長野県では、廃棄物の「不法投棄」「不法焼却」
「早期発見」及び「未然防止」のため、不法投棄監視連絡員を各地域に配置しています。

県内には総勢100名の監視連絡員が配置されており、松本地方事務所管内(松本市、塩尻市、安曇野市、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村)には、12名が配置されています。

平成26年度の松本地域における不法投棄監視連絡員委嘱式を4月10日に松本合同庁舎において開催しました。

監視連絡員の方々には、不法投棄の常習箇所等を定期的にパトロールしていただき、不法投棄や不法焼却を発見・通報していただいています。
昨年度、松本地方事務所管内では232件の不法投棄を発見していただいており、早期発見への有効な制度となっています。

委嘱式に引き続き、松本地域不法投棄防止対策協議会の連絡会議を開催しました。

松本地域不法投棄防止対策協議会は、松本地域における不法投棄防止対策を推進し、生活環境の保全を図る目的で設置されています。

はじめに、協議会の事務局である松本地方事務所環境課から、平成25年度の活動状況及び平成26年度の事業実施計画を説明しました。
平成26年度は不法投棄常習箇所のパトロールや不法投棄防止対策の研究等を実施する予定です。

続いて、平成25年度の不法投棄実態調査の結果を発表しました。
平成25年度の松本地域における不法投棄発見件数は722件であり、平成24年度の735件を下回ってはいるものの、依然として不法投棄が行われており、より効果的な対策が必要です。

不法投棄は個人のモラルの問題であり、解決が難しい問題ですが、各団体等が連携することにより、不法投棄の撲滅を目指して活動していきたいと思います。

さて、今回の会議の様子や、不法投棄防止対策協議会の各構成団体の活動内容について、SBC信越放送株式会社の
「ZOOM UP!エコロジー最前線」
http://sbc21.co.jp/tv/ecology/
という番組で紹介されることになりました。
放送は4月26日(土) 17:00~17:15の予定です。
みなさん是非ご覧ください。

このブログのトップへ