来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 自然・景観・名所 > 松本市中山地区ウルシプロジェクト いよいよ「育てる時代へ」

松本市中山地区ウルシプロジェクト いよいよ「育てる時代へ」

松本市中山地区では、ウルシ林を昭和50年代から育てていましたが、中山ウルシプロジェクトを「木曽漆器工業協同組合+地元協力者+行政」が運営し、平成24年度から「漆採取」を実施しました。

平成26年にはほぼ漆採取が終了し、平成27年からは跡地にウルシを育てて、10数年後に再び漆採取を開始するために、新たな活動がスタートしました。

7月24日は、今年植えたウルシ苗木が雑草で覆われたため、「下刈り」という保護の作業を実施しました。

松本林業士会の協力も得ながら、暑い中がんばって作業を行いました。

文化的にかなり貴重な「ウルシ採取技術」を守るため、それぞれの立場で参加しています。(第67回全国植樹祭関連活動でもあります。)

注:便宜上、立っている状態のウルシを「ウルシ」、採取後の漆を「漆」と表現しています。

DSCN1710

木曽漆器工業協同組合など15人が集まりました

DSCN1712

ホンウルシは毒性が強いので、慣れない方は完全防護。それでもかぶれ率40%以上。

P1000905

クズなどが繁茂に、つらい下刈りでした

DSCN1713

ウルシに強い漆器職人さんは軽装でもかぶれません。

 

 

このブログのトップへ