来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > イベント > 名古屋市金山総合駅「信州・松本地域の物産と観光展2018」に参加しました!

名古屋市金山総合駅「信州・松本地域の物産と観光展2018」に参加しました!

こんにちは!

11月20日(火)から11月22日(木)に名古屋市金山総合駅にて行われた、
「信州・松本地域の物産と観光展」に参加してきました!!

このイベントは、中京圏において、松本地域の産品の販路拡大と観光宣伝による誘客を目的に
地場産品の展示即売と観光PRを行っています

長野より暖かいであろうと油断して荷造りしてしまい、、
初日9時過ぎに現地に入ると、かなりの寒さに沈黙した私です…

3日間乗り切れるか不安になりつつ笑、設営を行いイベントスタートです

早速大賑わいです(写真は安曇野市にある「就一郎漬本舗」さん)

松本市、松本商工会議所が主催し、物産ブースには加えて事業者の皆さま、
安曇野市、生坂村、山形村が出展されていました

そして、今年は全国都市緑化信州フェア推進室(長野県建設部都市まちづくり課)も参加!
お客様が物産ブースで500円お買い上げ毎に引換券をお渡しし、引換券2枚につきおひとつ
生花(ガーベラ、カーネーション)か、野菜・お花の種をプレゼントしました

(左からラディッシュ、リーフレタス、なでしこ、金魚草)

さらに、10月に着任したばかりのミス松本も金山に会場は一気に華やかになりました

また、松本地域の観光パンフレットやパネルをずらりと並べ、観光PRも行いました

(instagramフレームも登場

通りかかる沢山のお客様が足を止め、「松本城に行ってみたい」「来月酒蔵巡りに行くよ
「来春は信州花フェスタに行かなきゃ」などなど、沢山の嬉しいお声掛けをいただきました

さてさて、2019年4月25日から6月16日までの53日間、
「信州花フェスタ2019〜北アルプスの贈りもの〜」が長野県で初めて開催されます

(今年は「花いっぱいオブジェ」が登場
素敵なオブジェに、寒さも忘れて優雅な気持ちになりました

メイン会場である長野県松本平広域公園(信州スカイパーク)には、
なんと木々や約700品種55万株の花や緑が広がります
そして最大の見どころは、地域の小学生が中心となって企画制作し、
残雪の北アルプスを背景とした約15万株の大花壇「北アルプスと花の丘」です

1 2

このブログのトップへ