来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 地域振興 > 「派遣研修職員通信」~清水高原の山形村最高地点にケルンを~

「派遣研修職員通信」~清水高原の山形村最高地点にケルンを~

山形村への派遣研修職員 野村です。 

8月3日(日)山形村において、山形村開村140周年記念事業の一事業として清水高原登山が行われました。

 村長をはじめとする山形村開村140周年記念実行委員と、一般公募者ら約60名が山形村清水高原登山口から山形村最高地点(標高1748.5メートル)までトレッキングし、最高地点に「元気のでる鐘」を備え付けた記念ケルンを設置しました。

 清水高原は、山形村中心部から車で約20分、標高1300メートル以上に位置し、夏でも冷涼な気候です。

 参加者ははじめに準備体操をし、列を作って登山を開始しました。(登山口標高約1480メートル)

12

爽やかな高原の風を感じながら、美しい木々の間を登っていきます。

3

 途中にある展望台で一休み。

 天気が良ければ槍ヶ岳、穂高連峰等北アルプスの山々を望めるのですが、この日は生憎雲がかかっていました。それでも眼下に広がる松本平の眺めは圧巻でした。

 展望台までは登山口から約2km、40分程で到着します。(標高1660メートル)

45

 

 参加者は、この展望台から最高地点まで、ケルンに使う石を各自1~3個程運びました。

 最高地点に到着すると、早速ケルンの制作作業に取り掛かりました。最高地点までは展望台から約1km、20分程です。(標高1748.5メートル)

 67

 正午過ぎにケルンが完成し、百瀬久山形村長が代表して「元気のでる鐘」を鳴らしました。

8

 展望台までなら片道40分、最高地点まで行っても1時間程で、登山道も整備されているので、ちょっとしたトレッキングに最適だと思います。真夏だというのにとても涼しく、鳥のさえずりを聞きながら森のマイナスイオンをたっぷり浴びて、身も心も洗われる気がしました。みなさんも是非「元気のでる鐘」を鳴らしにきてください。

 また清水高原に向かう途中には、「唐沢そば集落」と、日帰り入浴ができる宿泊施設「スカイランドきよみず」があります。登山の帰りがけに、「スカイランドきよみず」の大浴場で汗を流し、「唐沢そば集落」でそばに舌つづみを打つ。そんな最高の贅沢を味わうのもいいかもしれませんね。

 

 

このブログのトップへ