来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 商・工・農・林 > 麻績村で親子の「きのこの駒打ち体験」が行われました!

麻績村で親子の「きのこの駒打ち体験」が行われました!

 4月26日(土)に麻績村で親子による「きのこの駒打ち体験」が行われました。face02 

 この体験は「大峠を世に出す会」が毎年行っており、今年で12年目を迎えます。当日は晴天のなか、14名の親子が参加し、麻績村産の原木(げんぼく)にドリルで穴をあけ、シイタケやクリタケ、ナメコの駒打ちを行いました。face03 
 駒打ちを終えた原木(ほだ木)は、参加者が大事に持ち帰り、管理をすることになります。順調にいくと、来年の秋には美味しい原木きのこが食べられますicon28
 
  

 木槌で種駒を打ち込む様子 


 ちょっとここで・・・ 『原木しいたけ』の美味しさ自慢icon06

 さて、話は変わりまして、原木しいたけをじっくり味わったことはありますか? 
 山で20年近くかけて育った木を使った原木しいたけ栽培は、まさに「森からの贈り物」icon27です。駒打ちをしてから、2年間かけてようやくしいたけが発生し始めます。この時の喜びと感動はひとしおです!木の養分を吸収し、じっくり育つしいたけは、旨味や香りが凝縮され、肉厚の食感ともに美味しさ抜群ですface03 
 森の恵みは、私たちの食卓を豊かにしてくれますicon12

 またまたここで、麻績村「大峠ゆめ公園」のご紹介です。

 「大峠を世に出す会」の皆さんが、丹精込めて作り上げた公園は、国道403号線沿いにあります。(聖高原へ行く途中にあります。)
 
 これから、赤やピンク、白の花桃が咲く時期となります。
 みなさん、大峠の自然を満喫しに、麻績村へ足を運んでみませんか。icon12

このブログのトップへ