来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 商・工・農・林 > 森林(もり)の里親活動~相澤病院・三区生産森林組合

森林(もり)の里親活動~相澤病院・三区生産森林組合

先日、第1回の森林整備を行ったのですが、第2回は、台風の影響のため、森林整備は中止し、朝日村のクラフト体験館で箸やバターナイフ作りを行いましたface02



これは、箸を作っているところです。カンナは、普通のカンナですが、材料を置いてある台が工夫されていて、2本まとめてカンナを4面かけるだけで、箸ができます。


これは、ベルトサンダーという機械を使ってバターナイフの荒削りを行っているところです。この作業が終わったら、紙やすりで形を整えます。

今回、材料に使っている木材はヒノキです。地域にある木を使うことによって、地域の森林づくりに繋がっていくということも学びました。

話をしているのは、林務課の林業普及指導員です。

このブログのトップへ