来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 文化・伝統・歴史 > 『涅槃会(ねはんえ)』に参拝してきました。

『涅槃会(ねはんえ)』に参拝してきました。

こんにちは。

松本地域振興局総務管理課のKです。

先日の日曜日に松本市梓川地区にある横沢薬師堂で開かれた『涅槃会(ねはんえ)』

に参拝してきました。

※お釈迦様の遺徳追慕と報恩をする法要の事だそうです。

なんか難しそうな言葉が・・・・

自宅に配布された案内の時間に行ってみました。本堂は、大勢の人が訪れて

満杯状態ですが、少しづつ詰めていただき座ることができました。

 

 

 

中は、薬師堂管理委員会、地区育成会、地区の子どもたち、一般の方々が集まっていて、

お坊さんによるお経とお釈迦様の教えの話がありました。

子どもたちにもわかりやすいようにお話ししていただき、皆さん静かに聞いていました。

子どもたちにとって、一生の思い出として残る経験だと思います。

教えの話の一つに、毎日生命(いのち)を頂いて生きている。「感謝」と「反省」を

忘れず一日でも長く生きて欲しいとありました。

お堂には、大きな「涅槃図」(お釈迦さまのご臨終の様子を描いた絵)が、

飾られていました。

約235年程前に描かれた貴重な絵で、薬師堂で保管されてきました。

長い年月が経ったとは思えないほど、色鮮やかな絵です。

 

1 2

このブログのトップへ