来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 知恵袋インタビュー > 地域の知恵袋【Knower(s) 清水達也さん】

地域の知恵袋【Knower(s) 清水達也さん】

 今回の「地域知恵袋インタビュー」のお相手は、コワーキングスペースKnower(s)の清水達也さんです。

 Knower(s)は、異業種で働く人たちや、起業を考えている人が交流を深めながら仕事をする場所として、松本市大手に平成25年3月にオープンしました。ここでは、会員登録し料金を支払えば、コピーやFAX、ネットが利用できます。さらに住所フリープランや法人登記可能プランといったメニューも揃え、起業家がローコストで創業できるプランもあります。
 現在、会員は70名で農家や建築家、デザイナーなど数多くの異業種の方が会員登録され、Knower(s)で開催される、セミナーやイベントに参加し交流を深めています。


 清水さんは山梨県出身で、信州大学入学を期に松本で暮らすことになりました。大学2年生からは長野キャンパスで学ぶことになるのですが、引っ越しをせずに毎日長野まで通学するほど松本が好きになったとのこと。
 清水さんは、好きな松本を異業種間交流で新たな産業を生み出し、地域を盛り上げようとKnower(s)を運営することになりました。今は、美容室の開業を目指している人に、Knower(s)のネットワークを介して建築関係者やIT関係者をコラボレーションし、こだわった内装や、電子媒体による広告を行い、開業準備の支援を行っています。

【インタビュー風景 右が清水さん、左が沖村課長】

 また清水さんは、長野県の農業者で組織する“PALネットながの”のアドバイザーも務めています。“PALネットながの”の参加者は、こだわりをもった農産物を栽培しており、その農産物を共同販売できるような“マルシェ”を新たなビジネスとして展開したいと、すでに今後の展開を思い描いています。

 今回、清水さんから県への要望として
・サクセスストーリーを取りまとめて公開して欲しい
・規制緩和をもっと進めて欲しい         の2点をいただきました。

 サクセスストーリーの公開は、起業する際の参考になりハードルを下げる効果があり、松本城のような地域の宝をもっと活用できるように規制を緩和すれば、事業のPRやイベントをしやすくなり支援の幅が広がります。
 松本地方事務所としても、地域を支える産業の創出や支援は必要不可欠であるという考えから、起業家や新事業にチャレンジする方の視点で、きめ細やかな支援を行っていきたいと思います。

「インタビューの詳細は松本地方事務所のホームページをご覧ください。」

このブログのトップへ