来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

松本合庁捕物帳その2

 受付から電話。「小鳥が玄関ロビーで飛び回っています。」

 早速捕獲網を手に現場へ急行。

DSC02077-1

  ちょっと疲れたのか窓の縁で休憩中。

DSC02078-1

  場所が高いため、網を長いポールに括りつけ捕獲開始。

DSC02079-1

DSC02081-1

  なんとか捕獲。

kawarahiwa-1

 和  名:カワラヒワ

全身黄色味のある褐色で、飛んでいる時は翼の黄色帯が鮮やかに目立つ。

分 類 群:スズメ目 アトリ科

分  布:日本国内ほぼ全域

生息場所:この名前の由来となっている、草地の広い河原で見られることが多い。

食  性:イネ科植物などの草の種を好む。

 前回のコウモリはまったく動かなかったため捕獲が簡単でしたが、今回のお客さんはすばやくて大変でした。

https://blog.nagano-ken.jp/matsuchi/action/1456.html

 外に放したところ、元気いっぱいに飛び去っていきました。

 建物に迷い込んだ鳥の捕獲は、この時期の恒例行事となりつつあります。

このブログのトップへ