来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

第3回あづみの里山市

こんにちは!

安曇野市担当AGです。

ようやく朝晩が涼しくなり、暑さに弱い自分にとってはありがたい季節です。

そんな秋にはイベントが盛りだくさんです!

10月13日(土)には「第3回あづみの里山市」が開催されました^^

林友ハウス工業(株)さんの全面協力により製材所の敷地内で行われました。

過去2回は、雨天に見舞われましたが、「3度目の正直」で好天に恵まれ、210人が参加しました。

里山市では、安曇野市産の木材を格安で購入できるのが大きな魅力です!!

アカマツの板(長さ2.0m、幅約45㎝、厚さ約5㎝)がなんと1枚1,000円!他ではなかなかこの値段で手に入りませんよ(;´Д`)

夏場に伐採されたアカマツには、「ブルーステイン」という青い模様が入ることがありますが、強度には問題ありませんので、これもまた木材の特徴としてとらえて使ってもらえれば、アカマツの活用にもつながります。

 

 

また、木材のオークションも開催され、最低入札金額は、なんと!500円から!!

安曇野市明科産のスギの板(長さ2.0m、幅約45㎝、厚さ約5㎝)が500円!今回は、オークションに参加される方が少なかったため、この値段で落札されました。

他にも様々な木材が用意され、たくさん買っていかれる方もいらっしゃいました。

木材の販売の他に、薪の販売(軽トラ1台分12,000円)あり、

出張図書館(里山や、森林に関する図書の貸し出し)あり、

 

 

 

1 2 3

このブログのトップへ