来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

ぎょ・ギョ・魚~‼ こんな所に魚道が‼

みなさんこんにちは、松本建設事務所のTです。
最近一段と寒くなりましたね… 春が待ち遠しいです。

さて、今回は砂防えん堤の「魚道」についてご紹介します。
場所は松本市奈川にあり、国が建設した金原砂防えん堤。 昭和34年に完成した高さ18m、長さ75mの大きなえん堤です。
このえん堤の完成で魚の遡上が妨げられていたため、平成25年に長さ224.3mの魚道を設置しました。

 

この魚道、何が珍しいかって魚が観察できる窓が2か所ついてるんです‼
しかも長野県で見ることができるのはここだけ‼

運がいいと魚道を通る魚が観察できますよ♪

奈川はサクラマスが遡上することで有名です。
サクラマスは富山名物「ます寿司」に使われていることで有名ですが、
ここのサクラマスは一生を淡水の梓湖で過ごす「河川残留型」だそうです。

魚道設置後は、えん堤より上流でサクラマスが確認できるように‼
これを機に、サクラマスの個体がマスマス増えるといいな~…
あ!ダジャレじゃないですよ‼(笑)

奈川のサクラマスは9月下旬から10月中旬に遡上のピークを迎えます。
この魚道は水中の様子が安全にわかりやすく観察できるので、
ぜひ金原砂防えん堤に足を運んでみてください♪

このブログのトップへ