来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 松本の旬探し > 松本の旬探し【子連れ公園編②~子どもが大好き!あの遊具が11種類楽しめる公園~】

松本の旬探し【子連れ公園編②~子どもが大好き!あの遊具が11種類楽しめる公園~】

こんにちは!

総務管理課の34です。

我が家の3歳男児は、変身ブームです。毎日夕食の時間は、様々なセイギノミカタに変身し続けます。シンカリオンかがやきとかブラックシンカリオンオーガとか何だとか…覚えきれません。

「ねぇおかあさん、みぃーてぇーて!!」適当に流すと怒られます。

当然ながらご飯はほとんど食べ進まず、食べ終わるまでにコース料理並みの時間がかかります(涙)。

そんなお兄ちゃんを横目に、黙々と自分でご飯を食べ進め、いつも完食してくれる食欲旺盛な1歳女児が、神か仏に見えてきます。相対的に評価を上げるお得なポジションです。

 

さて、前回の「子連れ公園編①」が好評をいただきましたので、続編です。

子どもが大好きな遊具といえば…、

すべり台です!

こちらのすべり台は、全長が長すぎて、道路を挟んで反対側まで離れてもカメラに収まりきりません。

山の斜面を活かしたこのながーーーーーいすべり台があるのは、山形村の「山形なろう原公園」です☆

この公園には、ほかにもすべり台がたくさんあり、その数なんと、(34が数えた限り)11基!!

子どもも大人も飽きずに遊ぶことができる素敵な公園です☆

その遊具の一部を紹介します。

先ほど紹介した長~いすべり台の正体は、ローラーすべり台です。

長すぎて、滑るとお尻が痒くなりますのでご注意ください!子どもと一緒に滑った大人は、みなさん口々に「お尻がかゆーーーい!」と叫んでいました。

こちらの怖いもの知らずな1歳女児は、大人の伴走(補助)を振り切り、一人で滑ります。(終いには万歳しながら滑ろうとする、やんちゃ系女子です。汗)

 

他にも、ゾウさんのお鼻みたいなすべり台もあります。

我が家の3歳男児は、すごーく興味があるんだけど、やっぱり怖くて、結局このゾウの鼻すべり台はトライできませんでした。

 

代わりに、こちらの短めのゾウの鼻すべり台を後ろ向きで滑りました。

怖いと思うと必ず後ろ向きに滑るビビり系…じゃなくて慎重派男子です。笑

後ろ向きに滑っても、やはり怖かったようで、しばらく普通のすべり台で遊んでいました。

普通のすべり台もあります。

我が家の慎重派男子は、お兄ちゃんやお姉ちゃん達が、ゾウの鼻すべり台をガンガンすべって遊んでいるのを遠くから見つめています。

ちょっと寂しそうな背中です。

(いつか滑れるよ!)

心の中でエールを送ります。

 

ちなみに、「山形なろう原公園」には、すべり台だけでなく、

ブランコやシーソーなどもあります!

ブランコは、幼い子どもも遊べるように工夫されていて驚きました☆

小さな体をすっぽり包んでくれるので、これなら安全で安心!

何でも一人でやりたい1歳児さんにもおすすめなブランコです。

広い駐車場もありますし、外壁が塗り壁仕様のおしゃれなトイレもありますよ。

山形村の「山形なろう原公園」は、子連れにとてもおすすめの公園です☆

 

ただ、こちらの公園は、山の斜面にありますので、日が暮れるのが早いです。

特に冬場は、3時頃を過ぎると急に肌寒くなり、あっという間に暗くなりますので、午前かお昼頃に遊ぶのがお勧めです!

 

ぜひ、遊びに行ってみてくださいね☆

 

このブログのトップへ