楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■四季彩だより~信濃の国から~ > Vol173■読まなきゃチョーソン市町村(伊那市)

Vol173■読まなきゃチョーソン市町村(伊那市)

「高遠城址公園さくら祭り」開催!(伊那市)

高遠桜ポスター

長野県の南部、伊那市の「高遠城址公園」は、青森県の「弘前公園」、奈良県の「吉野山」と並ぶ「日本三大桜名所」の一つ。
4月1日(日)~30日(月)、高遠城址公園で「さくら祭り」が開催されます!


“天下第一の桜”とも言われる高遠城址公園の桜ですが、明治4年(1871年)の廃藩置県により高遠城が取り壊しとなり、荒れ果てた城跡を見かねた旧藩士達が桜を植えたのがその始まりです。現在、園内には、この地に固有の「タカトオコヒガンザクラ」約1500本が植えられており、満開時には公園全体がやや赤味を帯びた鮮やかな桜色に包まれます。毎年、全国各地から約30万人もの方がこの桜を見に訪れるんですよ。

桜(昼)

昼間見る桜も、もちろん美しいのですが、ぜひ見ていただきたいのがライトアップされた「夜桜」!ライトアップは、桜の“咲き始め”から“散り終わり”まで、毎日、日没から午後10時まで行われます。桜の開花状況は、天候に大きく左右されますので、お出かけの前に地元観光協会等へお問い合せくださいね。

夜桜

さて、今年は、高遠にお越しいただいたお客様にゆっくりしていっていただきたい!ということで、祭りの期間中に伊那市内の協賛宿泊施設にお泊まりいただくと高遠城址公園の1日分の入園料(大人500円、小中学生250円)が無料になる「泊まって観ようキャンペーン」を実施します♪
期間中は、「信州高遠美術館」で開館20周年記念の特別展「片岡鶴太郎展」が開催されているほか、今年1月に公開された映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」のロケ地にもなった長野県宝「旧馬島(まじま)家住宅」では「ひな人形展」も行われています。
お花見を楽しむだけでなく、市内に一泊して高遠の美術館や資料館等を巡ってみてはいかがでしょう。

この春は、ぜひ伊那・高遠へ!皆様のお越しをお待ちしています。

高遠城址公園さくら祭りについて詳しくはこちら(パソコン・携帯兼用)

伊那市の観光についてはこちら
 伊那市役所HP(パソコン用携帯用
 伊那市観光協会HP(パソコン用携帯用

【お問合せ先】
伊那市役所観光課
TEL 0265-78-4111

このブログのトップへ